Service

MMS(モービルマッピングシステム)

Mobile mapping system

トップページ > サービス > MMS(モービルマッピングシステム)

走行しながら
マップデータを作成

MMSは走りながら高精度3D計測が行えるシステムです。通常の地上型3Dレーザースキャナが立入れない高速道路や都市トンネルなどでの活用。短時間で長い距離計測を行えることで道路台帳作成や高速などの空間的な情報取得に役立っています。又、地上型3Dレーザースキャナと併用することで全ての都市空間計測が行え地図作成や詳細3次元モデルが行えます。


本サービスの特徴

交通規制の必要なく、走行しながらデータを収集

MMSでは、GPS、レーザースキャナー、カメラなどの機器を車両に搭載した特殊車両が道路を走行しながら道路の形状、標識、ガードレール、路面文字、マンホール等の道路周辺の位置情報を高精度で取得します。
交通規制の必要が無いため非常に効率的なデータ取得が可能です。

地上型レーザースキャナー計測解析で培った高い技術を応用

MMSサービスを提供している企業は国内にいくつか存在していますが、弊社では取得したデータの解析・図化を自社で行います。地上型の3Dレーザースキャナー計測の技術とMMSを融合することで一層の工期短縮と精度向上が望めます。

本サービスでの納品物

本サービスではお客様に以下のような成果物を納品いたします。

  1. 図面(地形図・縦横断図)
  2. MMS計測の生データ(点群・写真)
  3. モデリングデータ(オプション)

これまでの実績

  1. 高速道路JCT MMS横断抽出業務
  2. 紀勢自動車道横断作成業務
  3. 愛知県道路町道MMSデータ縦横断作成業務
  4. 大阪府内市道MMSデータ平面作成業務

弊社は地上型3Dレーザースキャナー計測を開始して9年、MMSサービスを開始して4年になります。レーザースキャナーで取得した点群を処理する技術力(合成・ノイズ除去、図化、モデル作成)がMMS業務にも応用され、お客様より高い評価を頂戴しております。

他の実績も見る

本サービスでの使用機材

  • MMS-S(220)アルファード使用 GPS3台 レーザー2台 カメラ2台
  • MMS-X(640)ゴルフ使用 GPS3台 レーザー4台 カメラ6台

担当スタッフ

空間情報4課長
湊清成

キャンペーン

MMS計測

MMS計測と地上型3Dレーザー計測を組み合わせることで人が立ち入れない道路(高速道路・自動車専用道路他)などの高架部なども詳細なデータが取得出来、モデリングなども高精度に行え、コスト削減になります。

キャンペーンについて詳しくはこちら

Pagetop

株式会社 共和本社
〒648-0023 和歌山県橋本市中道359番地 TEL 0736-34-0637 FAX 0736-34-0638
URL.http://www.gis-kyouwa.co.jp/